音楽 CLASSIC
  • ジャック・ティボーのヴァイオリンは甘い音がする。でもフレージングや強弱の付け方が洗練されているので、べたつかず、すっきりとした後味を残す。古臭いと言われがちなポルタメントやヴィブラートの奏法も上品で優雅、時に官能的な艶を帯び、聴き手を魅了する。協奏曲を弾く時も、小品を弾く時も、ティボーの解釈には理屈っぽさがない。作曲家に対する大げさな構えも感じられ

    [続きを読む](2020.03.13)
  • 私が最初に聴いた音楽が何なのかは覚えていないが、クラシック音楽というものを好きになる前から、バッハのメロディーは何種類も知っていた。幼少の頃、テレビ、ラジオ、あるいは街中で聴く機会があったのだろう。パッと思い浮かぶだけでも、「G線上のアリア」、「トッカータとフーガ ニ短調」、無伴奏チェロ組曲第1番の「前奏曲」、小フーガ、イタリア協奏曲、ゴルトベルク変奏曲の「...

    [続きを読む](2020.02.06)
  • モーツァルトの弦楽四重奏曲は全部で23作品あり、作曲された時期や背景によって次のように大きく分けられている。第1番 1770年作曲 第2番〜第7番(ミラノ四重奏曲) 1772〜73年作曲 第8番〜第13番(ウィーン四重奏曲) 1773年作曲 第14番〜第19番(ハイドン四重奏曲) 1782〜83年作曲 第20番「ホフマイスター」 1786年作曲 第21番〜第...

    [続きを読む](2020.01.06)
  • ブラームスの交響曲第2番は1877年に作曲され、同年12月30日に初演された。指揮者はハンス・リヒター、オーケストラはウィーン・フィルである。初演は大成功を収めた。以来、その人気の高さは変わっていない。ブラームスの交響曲は4作品あり、いずれも傑作だが、第2番が好きだという人は非常に多い。完成までに20年以上かかった交響曲第1番とは対照的に、第2番の作曲は順調...

    [続きを読む](2019.12.03)
  • エフゲニー・ムラヴィンスキーは1938年から1988年まで50年間、ソ連最高のオーケストラ、レニングラード・フィルの常任指揮者を務めていた。国を代表する一流のオーケストラに一人の指揮者がここまで長く君臨した例はまれである。2003年に制作されたドキュメンタリーによると、楽団内には厳しい規律があり、団員が5分でも遅刻すると2週間の停職処分を受けたという。

    [続きを読む](2019.11.01)

月別インデックス