文化 CULTURE

花と冒険[考察・エッセイ]

崖に咲く花はなぜ美しいのか

「文化」についてのエッセイ。
テーマは文学、思想、民俗、絵画、漫画、アイドル、ゲーム、玩具、世相...。
ハイカルチャーとサブカルチャーの境も関係なく、流行も関係なく、
日常の死角にある「文化」を語る。

  • 広津柳浪は善悪をきれいに分けず、勧善懲悪を期待させない。「河内屋」にはその特徴がよく出ている。「河重」の異名を持つ重吉とお染は愛のない結婚をした夫婦である。お染は、かつて重吉の弟の清二郎と惚れ合っていた。その3人が同じ屋根の下に住んでいる。そこへ重吉の愛人お弓が住み着くようになる。お染と、お染を純粋に想い続ける清二郎は哀れな被害者だ。誰もがそう思う。しかし、...

    [続きを読む](2021.09.15)
  • 広津柳浪は「悲惨小説」の代表的な作家である。「悲惨小説」は「深刻小説」とも呼ばれ、日本の文壇で自然主義が猛威を振るう以前の明治20年代末から30年代前半にかけて流行した。内容は文字通り重たく、救いのない結末のものが多い。登場するのも、先が見えない生活をしている遊女、病人、醜夫、醜女、知的障害者といった具合である。ただ、柳浪の小説はいたずらに重いだけではない。...

    [続きを読む](2021.09.11)
  • 昨年、お気に入りディスク数枚を基にスピーカーを比較試聴し、私のオーディオシステムに最適なスピーカーが定まった。その後も、光学ドライブの更新や設定変更等いくつかの調整を経て、好ましい響き方・鳴り方のシステム構成が出来上がった。このシステムの良さを最大限発揮するには、どんな曲やディスクがベストだろうか、と思うようになった。その点、バルトークの「弦チェレ」は、各楽...

    [続きを読む](2021.08.28)
  • みんなで示し合わせてこの時代を選び、集結したのではないか。そう思いたくなるほど、江戸の寛政・文化・文政期には、多くの天才絵師が活躍していた。ちょっと名前を挙げるだけでも、喜多川歌麿、葛飾北斎、写楽、歌川豊国、歌川国貞、歌川広重、歌川国芳とビッグネームが並ぶ。寛政3年(1791年)、武士の家に生まれ、狩野白珪斎と菊川英山に絵を学び、曲亭馬琴の『南総里見八犬伝』...

    [続きを読む](2021.07.10)
  • 初めて観たときのことを思い出す。私は17歳だった。太陽の光に照らされた水平線、ジャン=ポール・ベルモンドとアンナ・カリーナの囁き声、アルチュール・ランボーの詩――。『気狂いピエロ』のラストカットである。Elle est retrouvée. Quoi?? L'éternité. C’est la mer allée Avec le soleil. みつかった...

    [続きを読む](2021.05.09)

月別インデックス